こんにちは!mimiです。

ベビーオイル洗顔、たくさんの方にも試して頂きとても嬉しいです😊

私が発明したわけでもないですが、やっぱり良いものが評価されたり、それでどなたかのお肌が少し綺麗になられて前向きな気持ちになれるなら、私はやっぱり嬉しいんですよ✌️
お節介はおばさんになると発動するようにインプットされているのかしら😂

今日は、みなさまとのやり取りの中でまた書きたいことがでてきたので、「オイル洗顔、なんでベビーオイルでするのがお勧めなの?お肌に合わない場合の対処法&肌タイプ別のお勧めセラミド製品!」 について書きたいと思います🙆‍♀️

今までの記事は、ブログカテゴリの「ベビーオイル洗顔」からご覧いただけます。まだ読んでない方は、そちらからお願いします!

※今回のサムネ画像は、私がベビーオイル洗顔をティッシュオフした際のティッシュになります😂💦 お化粧がきちんと落ちて、顔型に転写されてるのが分かりやすかったので、汚いですが上げさせて頂きました🙇‍♂️💦


◎ベビーオイルを推すもう一つの理由


先日こちらのブログでも書いた通り、オイル洗顔をするにあたり基本的に私のオススメはベビーオイルです。その理由として、植物油に比べて、ベビーオイルが酸化しにくい点と、品質にばらつきが少ない点をあげました。

そしてもう一つの理由が、ベビーオイル(流動性パラフィン)が、肌に吸収されないオイルであるからです。


こちらのサイトは、私の大好きな化粧品成分オンラインです。化粧品の成分についてわかりやすく説明しているのみならず、エビデンスのある文献の紹介や、リスクの点も事細かに記されています。美容好きは必見のサイトですので、ぜひブックマークをお勧めしたいです👍

話がそれましたが、こちらの「ミネラルオイル」の項目を見てください。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender 
不活性で皮膚浸透性がほとんどない」「角質層以下への浸透はほとんどないと考えられます」と書いてあります。


また、かずのすけさんのこちらの記事にも、ベビーオイルについてこのような記載があります。

FullSizeRender
(画像を含むためスクリーンショットでお借りしました🙏)

ベビーオイルの安全性の高さが、お分かりいただけるとかと思います。 ✌️


一方、植物油の中では、酸化に強いと言われているホホバオイルについてはこのような記載を見つけました。(詳細な記述のサイトを見つけることができず、パックスナチュロンのホホバオイル製品ページからお借りしています)

FullSizeRender
ホホバオイルは「すばやく浸透し(※角質層まで)」と書いてあります。

また、先ほど紹介した化粧品成分オンラインのホホバオイルの項目を見てみましょう。

FullSizeRender
詳しくはサイトを見ていただきたいのですが、ホホバオイルには抗炎症作用があると書いてあります。

この浸透性の高さや、抗炎症作用自体は、ホホバオイルの優れた点です。実際私も、エンビロンのACEオイルを使用していますが、ホホバオイルがベースとして含まれています😊


ただクレンジングとして使用する場合は、より多くの肌タイプに適合する可能性が高い、ベビーオイルを私は推したいです。先ほど書いたように、ベビーオイルは肌に浸透しないため、油汚れだけを浮かせてすぐに紙で吸い取るベビーオイル洗顔には適していますし、成分が安定である、ドラッグストアで安定した品質のものを手軽に買えて、しかも安いなどの利点があります。

浸透性や抗炎症作用に優れたホホバオイルは、皮脂の分泌を補うような使い方をした方がよいように、個人的には考えています🙏



◎...と書いたんですが、ベビーオイルが肌に合わない場合

ツイッターで何名の方から「私は鉱物油(ベビーオイル)が肌に合いません」というご意見を頂きました🙇‍♂️

おそらく、先ほども引用した、かずのすけさんのこの記事がヒントになるのではないかと直感的に思っています。
 

 

またミネラルオイルは蒸発しにくく角質に浸透しないオイルのため、毛穴などに詰まりやすく毛穴詰まりからの汗疱(かんぽう)汗疹(あせも)などの原因になることもあります。
顔に塗る場合はニキビの原因になることもありますので、要注意です。


”ベビーオイルが肌に合わなかった”方、何名かにお話を伺うと、圧倒的なトラブルは「コメドができてしまった」「ニキビが悪化してしまった」というご意見が多いです🤔
逆に「乾燥にはとても効果を感じたので残念です」とおっしゃるケースが多い印象です。(あくまでサンプルは数名の方です)

通常、ベビーオイル洗顔は、1分ほど顔に乗せてティッシュオフしていただくと、意外にも油残りはそんなに感じない方が多いと思います。(紙は油をよく吸うため)。
その後入浴してぬるま水で流すと、普通肌〜乾燥肌の方は、トラブルを感じない方の方が多いと思います。

しかし、何らかの理由で元々毛穴詰まりを起こしやすい状態の肌の方がベビーオイル洗顔を使用された場合、わずかに残留したベビーオイルがコメドやニキビの原因になっているのではないかと推測しております(本当にこれは、個人的な推測。根拠はないです)。


マイルドな泡石鹸を一瞬顔に乗せて流すなどしてみても改善が難しい場合には、次善の策として、ホホバオイル洗顔をお勧めしたいです😊

植物油の中では酸化しにくいですし、浸透性が高いといっても角質層にとどまるようですので、他の植物油よりかは、ホホバオイルで洗顔されることをお勧めしたいです(他のオイルのことはよく分かりません、すみません)。

植物油を使われる時全般に言えることですが、産地や製造年月日がしっかりと分かるものを、開封したらなるべく早く使い切った方がよいと考えています😊


【2020.6.28追記】


かずのかけさんも、「短時間でペーパーオフするクレンジング目的なら、ミネラルオイルを塗布による乾燥リスクは少ないと思う」とのことでした😊 「保湿目的でベビーオイルを使用するのはあまりお勧めできない」と先程引用した記事内に書かれていらっしゃいますので、お気をつけください🙏


◎ベビーオイルもホホバオイルも、オイル全般がだめ🙅‍♀️

という方も、いらっしゃるようです💦

こちらのタイプの方は、やはり重度の”敏感肌”や”アトピー肌”、バリア機能の低下から来る“ニキビ肌”方に多い印象です。(サンプル数名)

ここからは、診断名がつくほどではない肌荒れを起こしやすい方向けに書いていると思っていただきたいのですが(重度のニキビ、アトピーの診断名が医師からついていらっしゃる方は、医師の言うことを優先してください)、こういった方は角質層のバリア機能が低下したり、またそれによって皮脂分泌のバランスが既に崩れていることによって、オイルも刺激になってしまうのではないかと、私は考えています。

こういった方はまず、セラミドを重視した保湿のケアを重点的に行い、肌のバリア機能回復に努められることが一番かなと、私は思います✌️

結局、皮脂トラブルを抱えられている方の一部は、「バリア機能の低下により乾燥、角層の水分不足を補う為に、皮脂腺が活性化している可能性がある」と、アンニテンプスという化粧品会社代表の方がおっしゃっています。

(製品は残念ながら使用したことがないのですが、ホームページの考え方を拝見すると共感できる点が多いので、今度クレンジングを買ってみたいなと思っています。Twitter上で仲良く交流させて頂いてますが、断じてステマではないです🙅‍♀️)


やはり、バリア機能を回復する上で大切なのは、「こすらない」「洗いすぎない」ケアと、「保湿」が鍵になると思います。

私がいつも推している、セラミドを配合した保湿剤を是非取り入れてみてください。
セラミド自体にたくさんの種類がありますし、製品自体もとても多いです。
とりあえず肌タイプ別のお勧め製品(2020.2現在)を下記に記載します😊✨


☆超乾燥肌•敏感肌ナチュセラクリームか、トゥヴェールのセラミドミルク。 ☆アトピー気味の肌(医師の意見を優先した上で)→ナチュセラライトクリームか、オイルもダメな方はシェルシュールのモイストバリアジェルSD。 ニキビ気味の肌(医師の意見を優先したうえで)→トゥヴェールのディープトリートメントオイル(旧処方)か、
シェルシュールのモイスチャーマトリックスES。

この中で私が実際に使ったことがあるのは、ナチュセラクリームと、シェルシュールのモイスチャーマトリックスと、トゥヴェールのディープトリートメントオイルです✌️

シェルシュールの製品は、今までブログであまり紹介したことがなかったと思います。エンビロンに変わる、ビタミンA入りの化粧品がないか探しているときに、セラミドとビタミンAを同時に配合しているモイスチャーマトリックスQを見つけました。


敏感肌に向けた製品ラインナップが充実しており、美容液の種類も大変多いです。今回はビタミンC誘導体が入ったタイプのモイスチャーマトリックスESをお勧めに上げましたが、商品の説明文に「油分が合わない」と書いてあるものであれば、他の製品でも良いと思います。(ニキビ気味の肌の方)

少しお値段は張りますが、入っているセラミドの種類や、これ1本で済むように基本的には考えられていることなどから、妥当な価格設定かと思います🤔 セラミドって、高い原料なので🙏
 

シェルシュール公式もこうおっしゃって下さってますので、何を選んでよいか分からない方は、是非質問してみてください😊


◎ベビーオイル洗顔、 どんな効果があるの?

私自身が 20年間、脱石鹸&脱クレンジングの生活をしていることもあって、理論的には肌荒れに効果があるだろうと思っていましたが、実例を出すことができません😭💦
TwitterのDM経由でご相談いただいた方から、改善例の写真を提供していただきましたのでシェアさせていただきます😊

相談者の方のお悩みは、下記のとおりでした。

『敏感肌で夏は紫外線を浴びた後に冬は暖房の部屋にいると顔が赤く火照ります。また、乾燥で痒くなり、湿疹のような状態な続きます。

皮膚科を受信し、ステロイド(クロベタゾンやロコイド、マイザー)やエピナスチンを処方してもらいますが、効果は一時的なもので経過は良くありません。

ジェネシスの治療も受けましたがあまり効果はありませんでした。

常にこのような症状が起こるわけではなく2.3ヶ月に1度程度です。』


そして、下記のようなケアを続けてらっしゃったのことです。


『クレンジング、洗顔フォーム(泡タイプ)化粧水2種類、保湿、週に34 ジェルマスクパック、アンプルパック。』


お肌はスッピンで下記の状態。


FullSizeRender


一番酷くていらっしゃる時は、お化粧をしてもこのような状態であったとのことでした😢

FullSizeRender


オーバーケアの可能性があることをお伝えして、ベビーオイル洗顔、セラミドを取り入れたシンプルケアをお勧めしました🙏

そして本日、再びご連絡をいただきました😊


『お久しぶりです!1週間前にDMさせていただいた者です😊

miniさんのアドバイス通りベビーオイル洗顔に変え、スキンケアは化粧水(肌を整える程度)・セラミドクリーム・ワセリンに変えました。(長風呂もやめました)

1週間経ち顔の赤みも引き、だんだんくすみが取れた気がします!

仕事の日はナチュラグラッセの下地クリームのみでも、自分の皮脂?で自然なツヤが出るので、ファンデーション無くても平気になってきました

肌が正常な状態に戻ってきたので、エンビロンも挑戦してみたいと思います!』


FullSizeRender

撮影場所により光加減は異なりますが、赤みがかなり減っているように見えます✨✨

お勧めした私もびっくりする効果でした😊 


また、Twitterで仲良くさせていただいている、雪見だいふくになりたいさん(毎日肌の定点観測を行われていて、すばらしいです)のこちらのポストも、1週間でこれだけお肌が改善していらっしゃるということが伝わりやすいと思います😊是非ご覧下さい✨(ツリーの下の方に、ビフォア画像があります)
Twitterで、「ベビーオイル洗顔」で検索すると、様々な方の実践談を読むことができると思います。気になる方はぜひ検索して読んでみて下さい👍


◎まとめ

ベビーオイル洗顔を私はお勧めしていますが、結局それは何故かと言うと、肌に触れる洗浄系界面活性剤の量を減らしたいからに他なりません👍

前にも書きましたが、ちょうどいい洗浄強度の目安は「洗顔が終わった後に、すぐ保湿をしなくても大丈夫」な状態だと思っています。ベビーオイル洗顔をなさらない方でも、その点を意識してもらえれば、お肌は今よりも綺麗になっていくと思います😊

後は当然、「擦らないケア」と言うのは基本になります✌️ベビーオイル洗顔をする時も、馴染ませるだけにしてこすらないように気をつけてくださいね✨


私のやり方はこちらに書きました。


ありがとうございました🙇‍♂️

※関連記事